わたしの暮らしの雑記帳

ちょうど良くて、居心地の良い、幸せに生きる為の雑記帳

バレンタイン、何を贈る?

今日はバレンタインですね。

我が家は、バレンタインの前、夫がパソコンを持ち歩くケースを欲しがっていたので、それを贈ることにしました(^ω^)

 

とても機能的なパソコンケースです(^ω^)

f:id:rieco-0425:20180214151333j:image

f:id:rieco-0425:20180214151344j:image

(写真はお借りしました)

https://item.rakuten.co.jp/sanwadirect/200-in049/#

夫はもっと安いものを検討していたのですが、機能的で素材も丈夫そうなこちらに。

見た目がカッコいいなぁと思ったことも重要!

裏地がオレンジだし。

仕事や勉強に使う道具は、見た目もいい方が捗ると私は思うのです。

 

そしてチョコレート!

f:id:rieco-0425:20180214151826j:image

f:id:rieco-0425:20180214151851j:image

実はチョコレートは買わないつもりでいたのです。

私も夫もあまり甘いものを食べないので、パソコンケースがあるし要らないねと言っていたのです。

 

しかし!

こちらのチョコレート、試食させてもらったら、とっても美味しくて買ってしましました。

日本酒が練りこんであって、酒粕の味がかなり強めにするのです。

アルコール1.4%ですって(・∀・)

 

かなり味が濃い(?)

ので、一度に2粒ずつくらい、ちょっとずつ食べる予定です(^ω^)

 

みなさんも、楽しいバレンタインをお過ごしください♪

 

 

 

花のあるおうち

 『週に一回、お花を買っておうちに飾る』

 

こんな記事をインターネットのどこかで見かけて、今まで興味があまりなかったお花、少し興味が湧いて、私もおうちにお花を飾ってみました。

 

お花を買う日は大体金曜日。

予算は500円ほど。

 

これがまた楽しくて、続けています。

f:id:rieco-0425:20180204173240j:image

f:id:rieco-0425:20180204173323j:image

こちらはミニブーケ(540円)を、2つに分けて、リビングと玄関に。

買ったのは1月12日。

チューリップは散ってしまいましたが、なんとそのほかのお花はまだ元気に玄関を彩ってくれています。(本日2月4日!)

寒い玄関の気温のおかげですね。

 

f:id:rieco-0425:20180204173730j:image

f:id:rieco-0425:20180204172834j:image

f:id:rieco-0425:20180204173801j:image

お次は桜。

スーパーの見切り品で380円でしたが、うちに来てから満開になり、いまは少しずつ葉が伸びてきました。

リビングは鳥がいるのでいつも20度。ぽかぽか春の気温のおかげでしょう。

  

f:id:rieco-0425:20180205154504j:image

 こちらはお花の名前を忘れてしまいました。

お花屋さんの見切り品ですが、古いからではなく、少し花びらなどに傷がついてしまったものだそうで、二種類で約500円で購入。

 

f:id:rieco-0425:20180205154947j:image

祖母からもらった木瓜の花。

f:id:rieco-0425:20180205154959j:image

祖母の家でみつけて、可愛い可愛いと言っていたら、私にも買ってくれました。

小さな小さな木は可愛い。

 

 

お花って、とても感性が豊かになります。

感性が豊かになる習慣って、たくさんありますが、どれもちょっとハードルが高いような気がします。

 

お花をおうちに飾る習慣は、やってみたらハードルが低くて、無理なくとても続けやすくて素敵です(^ω^)

 

小動物を飼ってる人は要注意!

うちはリビングにインコがいますが、ほとんどのお花や葉っぱは小動物には猛毒!

うちではインコを遊ばせる時は人がつきっきりで、タオルを敷いたテーブルの上で遊ぶ決まりがあります。

決して、目を離した隙にお花をかじっていた!などは無いようにしています。

お花は可愛くて良いものですが、小動物を飼ってる方は、その小さな友人が悲しい思いをしないよう、最大限配慮してあげてください(^ω^)

 

楽しいお花ライフのお話でした♪

 

 

 

 

てきとうクッキング

とある金曜日の夕ご飯。

この日夫は残業で遅く、それなら食べるまで時間あるし煮込む奴がいいね!と、料理をはじめました。

 

f:id:rieco-0425:20180204174346j:image

1.鍋Aに冷蔵庫に余っていた野菜を片端から入れる。

野菜はなんでもよい。

色んな野菜を入れるとすごく美味しい。

 

f:id:rieco-0425:20180204174356j:image

2.鍋Bで豚モツと牛バラ肉を煮込む。

柔らかくしたいので、紅茶のティーバッグとお酢を入れている。

臭みを取るために、生姜スライスとナツメッグも入れた。

(ナツメッグのアイディアは、芸人・和牛のネタから抜粋。)

 

f:id:rieco-0425:20180204174438j:image

3.鍋Aに次々と野菜を放り込む。

 

f:id:rieco-0425:20180204174455j:image

4.鍋Aに、私の大好きな飲料、梅昆布茶を1さじいれる。

塩を大さじ1、水をマグカップ二杯ほどいれ火をつける。

この場合、水は少なければ少ないほど美味しいが、水がすくなすぎると上手く野菜から水が出ないので良い塩梅にならない。

 

f:id:rieco-0425:20180204174523j:image

4.鍋Aに、にんにく2カケと生姜適量を加えていれ、蓋をして中火で蒸しながら煮る。

 

f:id:rieco-0425:20180204175326j:image

5.鍋Aの様子。

このように野菜の水が出てくる。

 

f:id:rieco-0425:20180204175409j:image

6.そうこうしていると鍋Bの肉が煮えてくる。

柔らかくしたいのだが、まだ味見をしたくないし、大体勘で良いような気がしたり、自分で納得した頃合いに火を止める。

(この日は火にかけて15分くらいで納得したので火を止めた。)

 

 f:id:rieco-0425:20180204175642j:image

7.鍋Bの肉はザルにあけ、良く水で洗ったら鍋Aに放り込む。

 

f:id:rieco-0425:20180204175910j:image

8.会津の物産展の方がくれたぶどうのジャムを思い出し、おもむろに1さじ鍋に入れる。

煮込み料理には、発酵したものや熟成したものを二種類くらい少量入れるとすごく深みがでて手が込んでいないのに手が込んでいる味っぽく仕上がる。

(味噌・チョコレート・チーズ・ヨーグルトなど。いづれも少量。小さじ一杯かその半分か。)

 

f:id:rieco-0425:20180204180228j:image

8.蓋をして10分ほど煮込むとこのように水が出てぐつぐつと良い感じである。

ここまできたら、気がすむまで弱火で煮込む。

もちろん煮込めば煮込むほど美味しくなるがガス代がかかる。

 

f:id:rieco-0425:20180204180413j:image

9.煮込んでるあいだには暇なので、トマトを切ってアボカドを切る。

ドレッシングはポン酢にオリーブオイルを入れただけのもの。

好みで砂糖をほんの少し、ほんだしをほんの少し加えるとよいが面倒ならこのままでも美味しい。

 

f:id:rieco-0425:20180204180541j:image

10.カレールーの登場。

紹介し忘れたが本日は実はカレーだったのである。

 

f:id:rieco-0425:20180204180633j:image

11.15分ほど煮込んだらもう納得してしまったので火を止めていた。

夫が帰る20分くらい前にルーを一箱いれ、クミン・ナツメッグ・ガラムマサラを大さじ一杯ずつくらい入れた。

 

f:id:rieco-0425:20180204180928j:image

12.弱火にしてぐるぐるかき回し続ける。

具が崩れないように上手くかき回し続ける。

手が疲れるが、かき回さないと濃度が濃いので焦げる。

濃度が濃いのは美味しい証拠。

 

f:id:rieco-0425:20180204181118j:image

13.牛バラ肉と豚モツのカレーの完成。

 

14.感想

極力水を入れずに野菜から出た水分での調理、そして肉の臭みを取る努力をしたことで美味しいカレーになりました。

肉もそれなりに柔らかく、大した時間をかけていないのにちゃんと何時間も煮込んだようなカレーです。

 

どなたかの食卓のヒントになれば幸いです。

 

 

 

 

 

 

 

不要品でアクセサリーケースを作ろう♪

今日はカレー。

煮込んでいる間たいへん暇なので、ネットで見かけたアクセサリーケースのDIYをしてみようと思い立ちました ♪

 

美容院や旅行先で、ちょっとピアスやリングを外しておくのに、アクセサリーケースがあると便利です♪

 

ではいってみましょう〜!

 

1.いらないコンパクトを用意する。

f:id:rieco-0425:20180105194930j:image

独身時代に使っていたミラノコレクション。

良いおしろいですが高価なので、今はラファイエを使っています 笑。

f:id:rieco-0425:20180105195300j:image

化粧品のコンパクトケース。

デザインが美しいものがたくさんありますよね。

使い終わったおしろい、レフィルが売ってるタイプじゃないとどんどん増えてしまいます。

今回はそのコンパクトケースをつかいます(*゚∀゚*)

 

2.つまようじでおしろいが入っていたケースを外す。

f:id:rieco-0425:20180105195249j:image

薄型のコンパクトケースは外した方が中が広くなるので外します。

 

3.中に敷くフェルトを丸く切って貼る!!

f:id:rieco-0425:20180105195511j:image

f:id:rieco-0425:20180105195604j:image

外したおしろいケースに合わせて切るとぴったり綺麗に切れますよ(^ν^)

 

4.完成!

f:id:rieco-0425:20180105195726j:image

ピアス、リング、ネックレスなどが収納できます。

f:id:rieco-0425:20180105195737j:image

深い方は大容量、薄い方もリングやピアスなど着けているものは全部入りそうです。

 

DIYと言っていいのかわからないほど簡単でした!

指輪を通している棒は、フェルトを丸めただけ。

f:id:rieco-0425:20180105200152j:image

既製品で探すと、鏡がついててアクセサリーをしまいやすいものってあまりなく、今回作ってみました♪

f:id:rieco-0425:20180105202603j:image

f:id:rieco-0425:20180105202618j:image

サイズ感がひみつのアッコちゃんテクマクマヤコン

 

とても簡単♪

みなさんもぜひやってみてください〜!

謹賀新年!初売りへGO!

あけましておめでとうございます。

2018年のお正月、皆さまいかがお過ごしでしょうか?

f:id:rieco-0425:20180102203342j:image

f:id:rieco-0425:20180102203352j:image

我が家はみんな元気にお正月を楽しんでおります(^ν^)

鏡もちを見せてあげたら、モチが集まってきました。

お正月が終わるまで破壊しないでくださーい!

f:id:rieco-0425:20180102203428j:image

初詣は除夜の鐘が聞こえるなか、江ノ島神社へ。

f:id:rieco-0425:20180102203510j:image

江ノ電からのお正月の挨拶もたのし♡

f:id:rieco-0425:20180102203600j:image

元旦の朝はお雑煮と、お節代わりのお刺身を。

夜は実家に寄って、祖母の家で夕飯を食べました。

 

!お年玉をGET!

そして祖父からお年玉(一万円)をもらったので、予定していなかった初売りへ出かけてきました(^ν^)

 

小田急百貨店へGO!

当初は湘南テラスモールへ行こうかと思っていたのですが、気が変わって藤沢駅周辺を散策することに。

 

大江戸職人展

そういえばカシミヤのマフラーをなくしてしまったなーなんてマフラーを見ましたが、カシミヤは予算オーバー、マフラーは諦めて上階へ。

催し物会場で大江戸職人展なんて面白そうなイベントをやっていたので見て回る事に。

 

そこで出会ったのは江戸筆の職人さん。

筆がたくさん並んでいて、良い筆は高いよなぁなんて見ていたら、職人であるご主人が話しかけてくれました。

 

「ネェちゃん何を書くんだい?」

 

突然だったので挙動不審にトンチンカンな事を答える私。

「ええっと??かなとか漢字とか?かけるやつ…?」

するとしかめっ面のご主人。

「かなも漢字も書ける筆なんかありゃしないよ!いいからこれでそこにかいてみな!!」

試し書きをしてみなさいとのことで、渡された筆で書いてみる。

するとご主人、一変してこう言いました。

「なぁんだネーチャン、書をやってる人か。書き方あってるじゃねーか。」

 ここから空気は急変、板橋で筆を作っているというご主人、筆の事から何から、面白い話しで盛り上がりました。

 

そして、素晴らしい筆を購入することに(^ν^)

f:id:rieco-0425:20180102205544j:image

文字筆2  東京  鳳竹堂謹製」 と、書いてある。

ご主人と話しをして、書の事を思い出し懐かしくなりました。

たまに練習して、来年も年賀状は筆を使いたいなぁと思い、おススメしてもらったのはイタチの筆。

その筆も良かったのですが、試し書きの筆のなかで似たような筆があり、それを試したら素晴らしい起筆で、良い筆だなぁと思いました。

 

「ネェちゃん、そっちのが書き良いか?そっちは玄人向け。」

そう言うと、生意気にそっちの筆が良いなんてな!とか言いながら、その筆を売ってくれました。

 

おススメしてもらったのと同じイタチの筆なのですが、私が買った方は筆が柔らかく、且つ起筆がよく出る。大きな文字を書いても筆が割れません。

 

まさに私が探していた好みの筆♪

 

お値段3500円!

 

良い筆は最低5000円以上すると思っていたので、ご主人のお店はリーズナブルな価格です。

 

ボッタクリ商売はいけねえからな!って言ってました

 

そして、職人展で買い物したらお土産に貰えるという、飴細工

f:id:rieco-0425:20180102211241j:image

ペガサス!!

f:id:rieco-0425:20180102211258j:image

すごい!笑

羽ばたいてる!笑

f:id:rieco-0425:20180102211322j:image

夫へのお土産にしました(^ν^)

 

江戸筆師の佐久間さんのお店はこちら↓

http://www.houchikudo.com/html/company.html

名刺がわりに特別に地図を入れてやるからよ!遊びに来いよ!

って言われたので、今度遊びに行こうかなと思います  (^ω^)

 

追記:

ご主人こと、佐久間末男さんの対談を見つけました。

http://www.itabashi-life.com/backnumber/person40/index.php

職人気質といいますか、良い素材で良いものをキチッと作っていく、素晴らしい心意気が垣間見られます。

ものづくりをやる者として見習いたいですね(^ν^)

 

 

 

 

 

 

 

 

ひばの木匙を買いに

街は一気に年末ムード。

皆さまいかがお過ごしですか?

 

友人から、飯田橋へお出かけしませんか〜とお誘いがあり、

飯田橋に行くならば、青森ひば工房さんに行きたい!と思い、出かけてきました(^ω^)

 

青森ひば工房へは、前回偶然立ち寄ったのですが、

ひばの香りでいっぱいの店内にたくさんのひば製品が並んでいる、天然素材や工芸品が好きな私にはたまらないお店です。

 

前回は菜箸を購入していて、是非ひばの木匙がほしいなーと思っていました。

 

今使っている100円ショップの木匙が黒くなってしまったので、ナイスタイミングのお誘い♪

 f:id:rieco-0425:20171228094719j:image

とても元気が良い日で、お昼を食べたカフェからの川の景色がキラキラで美しかったです。

 

東京大神宮にお参りをして、その近くにあるひば工房へ。

http://www.hiba-koubou.com

店主のおば様、前回とお変わりなくお元気でした♪

天然素材がお好きな方で、いつも色々教えてくれます。

f:id:rieco-0425:20171228095206j:image

ひばは色々な効果があるとのことで、ひばチップ、ひばの精油も購入することにしました。

f:id:rieco-0425:20171228095306j:image

ひばチップ 300円。

クローゼットや玄関、リビングや寝室。

色々使えます。

f:id:rieco-0425:20171228095310j:image

ひばの精油とチップのセット。

なぜかひばの精油単品だと980円なのですが、チップ2袋とのセットだと1000円。

お得だったのでこちらにしました

 

そして念願の木匙♪

f:id:rieco-0425:20171228095728j:image

ひばのカレースプーン 650円

ひばの香りがすごい!

滑らかな触り心地。

手作りのものなのか、一つ一つ形が違います。

 

ネームを焼き入れできるよ〜ただし自分でやるのよ〜!

とのことで、やってみました。初の焼きごて。

f:id:rieco-0425:20171228095822j:image

緊張の一発勝負!

なんとか名前が入りました(^ω^)

 

友人も子ども用お箸などを購入して、楽しんでいました♪

このお店はオススメなので、私も嬉しい!

 

f:id:rieco-0425:20171228101055j:image

ひば工房を後にして、電車で一駅。

カトリック東京カテドラル関口教会へ。

 

とても近代的な建物で、大きなオブジェのような外観。

中はとても荘厳な雰囲気でした。写真撮影はできないので、中の様子は公式HPをどうぞ。

http://cathedral-sekiguchi.jp

お庭に、ルルドの泉のようなマリア様の像があり、中もお庭も、クリスマスの飾りやお花が供えられていました。

とても美しく荘厳な大聖堂では、椅子に掛けて眼を瞑り、ゆったりとした気持ちになってみました。

私はキリスト教徒ではないので、教会は入りづらいイメージがあったのですが、友人のお祖母さんがオーストリア人で勿論キリスト教徒、友人曰くカトリック教会は信者でない人もウェルカムなイメージで、日本でいう神社のような感じだそう。

 

今日は大満足の一日。

藤沢に越してから、気軽に都内に出かけ

なくなりましたが、お誘いをいただいて、とても良い一日になりました!

 

皆さんも良かったらお出かけしてみてください♪

カナルカフェ  水上のカフェ

http://canalcafe.jp

東京大神宮  伊勢神宮の分社、縁結び

http://www.tokyodaijingu.or.jp

青森ひば工房  ひばの生活用品・おもちゃ・工芸品

http://www.hiba-koubou.com

カトリック東京カテドラル関口教会

祈りの場では厳粛に。ルルドの泉のようなマリア様がいらっしゃいます。

http://cathedral-sekiguchi.jp

 

 

 

 

 

 

 

クリスマス間近!元時計店店員の、オススメ時計ランキング♪

今週末はクリスマス♪

 

最近は年末のこの時期、一年お仕事頑張った自分へのご褒美に、ちょっとよいものを購入される方も多いと聞きます(^ν^)

 

\クリスマスにお時計はいかがですか?/

そんなあなたに、お時計はいかがでしょう〜?

 

私は腕時計というツールがなぜか好きで、20代前半はアンティーク時計の雑誌や時計店巡りに夢中になっていました(買えないのに 笑)

 

20代後半は、好きが高じて時計店でアルバイトをしていたので、店員さん目線と、独断と偏見の私の好みでオススメ腕時計をご紹介します!

 

完全に私が好きな時計のなかからのご紹介です(^ω^)

 

時計は奥が深〜く、私なんかより詳しい方は沢山いらっしゃいます。

なので私は、私が好きな時計の中から、男性でも女性でもオシャレに着けていただけるユニセックスな時計、そして長く使える時計という目線で選んでみました。

ユニセックスなので、彼氏彼女で同じ時計をペアで着けても素敵ですよ♪

 

予算別に紹介していきます(^ν^)

 

\ご予算1万円/

SEIKO5(逆輸入)

f:id:rieco-0425:20171221024227j:image

CASIOデータバンク(逆輸入)

f:id:rieco-0425:20171221023925j:image 

この2つはお値段も性能も優秀です!

逆輸入というのもポイントですが、楽天市場やアマゾンで探していただくと、

SEIKO5は五千円くらいから、データバンクは三千円くらいからあります。

両者共、海外向けに企画しているからか、デザインや機能が個性的。

 

SEIKO5に至ってはこの価格にして機械式でびっくりしますし、データバンクは電卓つき。この電卓使っている人いるのかな?

でもなんだか良い感じにエキゾチック?ノスタルジーではありませんか!

(CASIOはカシオ計算機って会社だから電卓つきなのかしら…。)

 

ちなみにうちの夫婦はSEIKO5をペアウォッチで持っています♪

 

\ご予算5万円(台)/

HAMILTON カーキ フィールド 

f:id:rieco-0425:20171221024715j:image

アメリカの時計メーカー、ハミルトン。

エルビスプレスリーが愛した時計、ベンチュラを産んだメーカーです。

このモデルは五万円に少しはみ出るくらいのお値段。

ハミルトンのラインナップの中では、フェイスがそんなに大きくなく、厚みも控え目なので、女性や手首の華奢な男性も合う物だと思います。

 

私もハミルトンカーキの時計を持っていますが、使い勝手が良いです。

タフな印象です。修理などもそんなに件数が多くなかった印象で、仮に修理に出すとしても対応がちゃんとしていた記憶。

(私のハミルトンそろそろオーバーホールをしなきゃだ思い出しちゃった !)

 

 

\ご予算15万円/

JUNGHANS  (MAXBILL)

f:id:rieco-0425:20171221025122j:image

ドイツバウハウスの時計〜といえばこちら。

マックスビル ユンハンス!

バウハウスは計算され尽くした美しさ…無駄のないデザイン。

 

こちらの時計、横からフェイスをみると薄いドーム型になっています。

本当に美しい時計です。

 

いつかもう一度ペアウォッチを夫婦で購入する機会があるなら、私はこれが欲しい(^ν^)

それくらい魅力的な時計です。

 

 

SEIKOプレザージュ 渡辺力琺瑯モデル

f:id:rieco-0425:20171221033019j:image

渡辺力は日本を代表するプロダクトデザイナーです。

2013年に101歳で亡くなるまで、晩年も勢力的に活躍されておられました。

 

こちらの時計は、シンプルで美しい渡辺力がデザインした代表的な時計デザインに、琺瑯職人がダイヤルを手がけ、機械はSEIKOの自動巻き…日本の職人技を詰め込んだような時計。

 

日本人として一本は欲しい!との事で、私が結婚をする際に、婚約指輪のお返しにこちらの時計を夫に贈りました。

 

私が欲しいくらいで、夫が飽きて使わなくなるのを狙っていますが、飽きのこない素晴らしい時計だそうです

 

こちらで琺瑯の製作過程が公開されていました。興味のある方、ぜひどうぞ↓↓

https://www.seiko-watch.co.jp/tokinowaza/yokozawa/

 

 

スマホで時間を確認できるこの時代、時計を持たない人も増えました。

でも、腕時計はこんなに便利で素敵なツールです(^ν^)

 

今回ご紹介した時計は、CASIOデータバンク以外すべて機械式時計。

自分でネジを巻き上げる、手巻きか自動巻きです。

機械式は自分で動かして使うので、時計に命を吹き込むかのようなところが好きです。

夫は根っからのIT系エンジニアな人なので、最初は機械式なぞメンドクサイし無駄だー!と言っていましたが、今は機械式のロマンに触れ、SEIKO5も琺瑯ダイヤルもお気に入りだそうです。

 

ご褒美に腕時計♪

クリスマスプレゼントに腕時計♪

たのしい年末になりますように!お祈りしています(^ν^)